口臭

口臭をセルフチェックする方法

共有

口臭の原因とチェック方法

不快な口臭、その原因とは

ほとんどの場合、口臭は口内のバクテリアによって発生します。バクテリアは、ブラッシングをきちんとしなかったときや脱水状態にあるとき、または処方されている薬が原因で唾液分泌量が減りドライマウスの症状があるとき等に舌の上に発生します。しかし、簡単なケアをすることで、舌のバクテリアを減少させ、息をさわやかにすることができます。

また、それ以外に、時間の経過とともになくなる口臭もあります。例えば、ニンニクなど臭いの強いものを食べた後などは強い臭いがありますが、時間とともに消失していきます。タバコによる口臭も、禁煙をすれば口臭はなくなります。

では、持続的、あるいは繰り返して発生する口臭にはどのようなものがあるのでしょうか。

  1. 虫歯

    これは腐敗臭のような匂いがすることが多い口臭です。虫歯が進行すると歯の象牙質だけではなく、タンパク質でできている神経にまでう蝕が進行します。このとき、たんぱく質が腐敗して口臭となるのです。

  2. 歯周病

    歯周病菌が増殖する際には細胞や血液などのタンパク質を分解します。そのときに「メチルメルカプタン」というガスを発生させ、それが口臭として認識されるのです。これは血の匂いのように感じることもありますし、腐敗臭のように感じることもあります。

  3. ドライマウス

    ストレスや緊張、体質的な問題で唾液が十分に出ないと、お口の中で細菌が繁殖し、口臭の原因となります。口腔内の細菌は酸素を嫌う細菌が多く、酸素が含まれる唾液が多くあれば繁殖しにくいので、水分補給などをして、口が乾くことを避けるようにしましょう。

口臭をセルフチェックする方法

口臭は自分ではわかりにくいものです。万が一、自分に口臭があって、周りに迷惑をかけていたらと思うと、心配になるのではないでしょうか。 口臭のチェックをしてもらえる歯科医院に行けば、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドと言った口臭物質を計測できる「口臭測定器」があり、測定することができます。

しかし、その前に自分で簡単にチェックする方法もあります。自分に口臭があるか気になる方は、まず、セルフチェックをしてみましょう。

  1. 唾液でチェック

    舌の上や歯と歯ぐきの溝部分などを指で触ってみて、付いた唾液の匂いを嗅いでみてください。唾液が臭いと、それが乾燥して口臭の原因になりますので、要注意です。

  2. コップやビニール袋に息を入れてチェック

    この方法は簡単で、匂いがわかりやすくなっています。しかし、朝起きた直後は「生理的口臭」と言って、就寝中に唾液が少なくなり、細菌が繁殖しやすいため口臭があります。唾液が出てくれば解消するので、日常の口臭とは区別してください。

  3. 口臭チェッカーでチェック

    歯科医院で使用しているものと精度は違いますが、市販の口臭チェッカーもあります。客観的に数値が出ますので、セルフチェックで不安な方には、おすすめです。

セルフチェックで口臭が気になる場合は、虫歯、歯周病など、お口にトラブルがある場合もあります。扁桃腺付近に膿が溜まる「膿栓(のうせん)」や、ごく稀ですが、お口や内臓の大きな疾患がある可能性もあります。早めに歯科医院を受診しましょう。 口臭は、ほとんどの人に発生します。慢性的な口臭は、深刻なケースとなる場合もありますが、たまに臭うくらいの口臭は、正しいオーラルケア習慣で簡単に予防できます。毎日のブラッシングなど、お口のケアを心掛けてください。

注目記事

歯磨きと口臭の関係とは?歯科医師に、原因と対策を聞きました|ライフハッカー