口臭

慢性的な口臭

共有

慢性的な口臭は重大な問題です。対人コミュニケーションにおいて不快なだけでなく、深刻なお口の問題の兆候でもあります。

普通にオーラルケアをしているにもかかわらず口臭が良くならない場合は、歯医者さんに相談すれば適切な治療を勧めてくれます。また、口が渇いているときに口臭が起こる(唾液の分泌による口腔微生物叢が減るため)ということも知られています。唾液はお口をきれいにして、湿り気を与えます。「朝の息」の口臭は、通常眠って起きた後に起こります。また、服用中の薬が原因で起こる場合もあります。他にも、慢性の肺感染症や、肝臓や腎臓の不調、糖尿病などが原因となることもあります。