口臭

親知らずが原因の口臭もある?

共有

親知らず:口臭や炎症の原因と対策

親知らずと口臭の関係は?

親知らずは、歯の中で一番奥に生える上下左右4本の大臼歯(だいきゅうし)です。10代後半から20代前半にかけて生えてくる歯で、乳児の歯の生え始めとは違い、親に知られず生えてくることがその名前の由来だとされています。

全ての人に4本生え揃うとは限らず、全く生えてこない人もいます。ほかの歯とは少し異なる親知らずですが、この歯と口臭には大きな関係性があります。

親知らずは、歯ぐきを突き破って出てくるので大きな痛みをともなう場合があります。また、現代人はあごが小さく退化しているので、一番最後に生えてくる親知らずのためのスペースが十分ではありません。真っすぐに生えることができずに斜めに傾いたり横向きに生えたりします。そうなると手前の奥歯に重なったり、押して圧をかけたりするなど、歯並びに影響を与えるトラブルが発生しやすくなります。そのような場合は、今後のことも考慮して生えかけの時期に抜いてしまうことが多くみられます。親知らずは抜く必要があると思われがちですが、大切な歯です。真っすぐに生えていて上下の噛み合わせに問題なければ、あるいは正しい位置に矯正できれば、抜く必要は全くありません。

では、親知らずの生え方にトラブルがあって、そのままにしていた場合はどうなるでしょう。まず、歯ぐきが刺激されているので炎症を起こしやすくなります。また、親知らずの生え方によって歯並びが不規則になると、歯磨きの効果が十分に得られなくなります。結果、食べかすが溜まりやすくなり、これも炎症の原因になります。

このように親知らずによって発生した炎症を「智歯周囲炎(ちししゅういえん) 」と総称しています。智歯とは親知らずの別名です。この、智歯周囲炎(ちししゅういえん)を放っておくと、痛みとともに細菌が増え続けて悪臭や膿を発生させます。そして、それらが口臭の原因になるのです。

親知らずが原因の「智歯周囲炎(ちししゅういえん) 」を防ぐには?

では、智歯周囲炎(ちししゅういえん)を防ぐためには何をおこなえば良いのでしょうか。

まずは、原因になり得る親知らずの状態を確かめ、軽度のトラブルであれば手術で対応します。これは、もし炎症が発生した場合、薬で一時的に抑えても再発の可能性があるからです。具体的には、真っすぐに生えているが少し歯ぐきから生えきれていないというような場合です。まず、歯ぐきを切開して親知らずの噛み合わせ面が全て見えるようにします。これによって歯磨きが十分に出来るようになり、炎症を防ぐことができます。しかし、歯の生え方が斜めや横向きに生えている場合や、既に炎症をおこしている場合は抜歯で対応します。その後、炎症の治療をして再発を防ぎます。

親知らずの生え方によって口の中に炎症を起こし、これが口臭に発展することがご理解いただけたでしょうか。現在、虫歯菌の悪影響が体中に及ぼされることは件研究で明らかになっています。口臭はあまり気にならない、という方も、注意を払って、日頃からのお口ケアを心がけてみてはどうでしょうか?