歯垢の蓄積と歯石

歯垢と歯石とは?

共有

多くの人が、歯垢と歯石の違いについて、歯医者さんに尋ねます。これはとてもいい質問です。歯垢も歯石も、よくあるお口の問題です。歯垢がたくさん蓄積されると、虫歯や歯周病の原因となります。歯石とは、歯垢が石灰化したものです。このような知識を学ぶことは、あなたの歯をケアしていくうえで大変役に立ちます。

歯垢に関する事実

歯垢は、歯の表面、特に歯ぐきのキワに歯磨き後4~12時間以内に形成されるバクテリアを含むネバネバした無色の膜です。飲食物に含まれる糖分が歯垢のバクテリアと合わさると、酸を発生させます。この酸は歯のエナメル質を攻撃・破壊し虫歯を作り出します。歯垢のバクテリアは、歯周病も発生させます。定期的なブラッシングとフロスが、歯垢とたたかう上で一番効果的な方法です。毎日きちんと歯垢が除去されなければ、歯垢は蓄積され、歯石になっていきます。

歯石:固く揺るがない事実

歯石は固い沈着物で、その中に着色汚れを取り込み、歯の脱色を引き起こします。歯石は、磨き残しの歯垢が唾液中のミネラルと反応して形成されます。歯石になってしまったら、歯医者さんで除去してもらうしかありませんが、オーラルB電動歯ブラシでよい歯磨き習慣を身につければ、積極的に歯石の形成を予防することができます。