知覚過敏

知覚過敏とは?

共有

知覚過敏は、熱い、または冷たい食べ物・飲み物を摂取したときに痛みを感じることです。冷たい空気を吸い込んだ時にも痛みを感じる場合があります。

歯と歯茎の間に隙間ができたり、歯茎の組織が失われると、知覚過敏がおこります。ブラッシングが強すぎたり、歯磨きやフロスを日常的にしないことでも起こり得ます。

歯ぐきの後退が起こるとき、歯ぐきのキワの下にある歯の一部が露出します。これが歯根と呼ばれるものです。歯根には歯の神経中枢へ通じる、液体を含んだ小さいトンネルがあります。この神経中枢は歯髄と呼ばれます。熱いものや冷たいものがそのトンネルに触れると、その液体が神経を刺激して、痛みの原因になります。

知覚過敏は、エナメル質と呼ばれる歯の固い層が摩耗したときにも起こります。

知覚過敏は現れたり消えたりします。しかしそれを無視しているとお口の健康以外の問題につながってしまいます。 以下のようなことは、知覚過敏の原因となります:

強すぎるブラッシング 歯ぐきの後退の原因になります。

糖や酸を含む飲食物 コーラ/ソーダ、フルーツジュース、甘いスナック菓子は 知覚過敏を引き起こす虫歯の原因になります。

歯の研磨歯の表面が少しずつ減っていきます。

歯の掃除や治療 歯の掃除や治療、歯のホワイトニングの後にも知覚過敏 は起こります。通常、それは治療後すぐによくなります。 気になるときは、歯科医に相談しましょう。知覚過敏の予防に役立つ方法は以下のようなものがあります。

1日に2回、歯磨きやフロスをすることで、歯ぐきの喪失が防げます。歯間や歯ぐきのキワに沿った部分も忘れずに、口の中全体をきれいにするように気をつけましょう。

優しく磨きましょう。また、電動歯ブラシを試すのも良いでしょう。ブラウンオーラルBの電動歯ブラシには、警告ランプ付きの圧力センサーが付いており、歯磨きの強さを正しいレベルに調節するのに役立ちます。そして歯茎喪失の防止とエナメル質の減少から守ってくれます。 また、酸性の飲食物を避けましょう。それでもまだ知覚過敏があるようなら、歯科医に相談しましょう。知覚過敏用の特別な歯磨き粉の使用など、様々なアドバイスをしてくれますよ。