知覚過敏

知覚過敏予防のための適切な食事

共有

歯に知覚過敏の症状が出る主な理由のひとつは、エナメル質が弱くなり、エナメル質が露出することです。刺激されると、鋭い痛みを引き起こします。

正しいお口のケアとは別に、知覚過敏を防ぐには、栄養バランスの良い食事を摂ることを考えましょう。 私たちの食習慣のうちの一部は、エナメル質に直接ダメージを与えてしています。それには低酸性の飲食物を摂りすぎることが、大きく関わっています。 食物中の酸性pHは、摂取してすぐにエナメル質を弱くします。そのため、低酸性の飲食物を摂ったときは、歯磨きの前に少なくとも1時間は間をあけましょう。そして歯磨きの代わりにマウスウォッシュを使いましょう。マウスウォッシュは歯に残った食べ物や非常に甘い飲み物に含まれる糖分を取り除くのに役立ちます。正しい順序で食べることによって、甘いお菓子のダメージを軽減することができます!最初にエナメル質を壊すものを食べ、それからカルシウムやフッ化物に富んだものを食べるのです。とりわけ、牛乳や乳製品、魚、玉子、それにカカオも良いのです!