知覚過敏

知覚過敏の原因

共有

甘いものや熱いもの、冷たいものを食べたときに、歯が痛んだりうずいたりしたことがありませんか?また、歯磨きやフロスの際に、痛くて飛び上がったことはないですか?

歯の知覚過敏の悩みを抱えているのはあなた一人ではありません。成人の5人に1人が知覚過敏になっているとも言われています。

知覚過敏の痛みは、現れたり消えたりしますが、時にはひどく痛むときがあります。そして飲食や歯磨き等の日常生活に、しばしば影響を及ぼします。 痛みをずっと感じているとすると、もっと深刻な別の問題の兆候かもしれません。歯科医に症状を相談し、原因をつきとめ、適切な処置を施しましょう。

健康な歯の場合、エナメル質と呼ばれる穴の開いた組織は、歯ぐきと、歯の外側の層であるエナメル質に守られています。しかし、歯茎が後退したり、歯が砕けたり、削られたり、浸食されたりすると、エナメル質が徐々に露出します。象牙質には小管という顕微鏡でしか見えない小さい穴があり、神経までつながっています。この神経が飲食物で刺激されると、痛みを引き起こします。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因とされるものは主に2つあり、エナメル質の喪失と歯ぐきの後退です。例えば、以下のようなことが考えられます。

ブラッシングが強すぎる

歯磨きが強すぎたり、歯ブラシの毛が固い場合、歯ぐきが徐々に後退する原因になります。

酸性の食物を摂取する

習慣的に酸性の飲食物を摂取することは、エナメル質の浸食の原因となり、知覚過敏になる可能性が増すでしょう。

敏感な口のために役に立つこと

知覚過敏とエナメル質の喪失を抑えるために、柔らかい毛の歯ブラシや刺激の少ない歯磨き粉の使用など、かかりつけの歯医者さんに相談してみてください。