オーラルBの電動歯ブラシが選ばれる理由

仕上げ磨きには電動歯ブラシが効果的

共有

お子様の歯磨きに欠かせない仕上げ磨きとは

子供の歯磨きには仕上げ磨きが必要

子供に歯磨きの習慣をつけさせるには、早いうちから自分で歯磨きをするように習慣づけることが大切です。幼児期も後半になると、自分で歯を磨くことができる子供が増えてきます。とはいえ、子供一人ではうまく歯を磨くのは難しく、磨き残しは乳歯や、生え変わったばかりの未成熟な永久歯にとって虫歯の原因となります。

特に磨き残しの多い箇所は「歯と歯の間」、「歯と歯ぐきの間」、「奥歯の溝」、「前歯の裏側」です。

そのため多くの家庭で仕上げ磨きが行われています。個人差はありますが、小学3年生くらいまでは仕上げ磨きを続けてあげるのがよいという医師もいます。

手磨きブラシでは十分ではないの?

手磨きブラシも十分効果的ですが、歯間や奥歯、ブラシが届きにくい箇所の歯垢をきれいにするのは大変難しいです。その結果、時がたつにつれて歯垢が蓄積され、歯石や虫歯等、お口の問題を引き起こします。

仕上げ磨きのポイント

仕上げ磨きでは、子供の歯に合わせた細かなブラッシングが必要になります。また、生え変わりで乳歯と永久歯の間に大きな凹凸ができやすい子供の歯には溝ができて汚れがたまりやすくなるため、丁寧な縦磨きが必要となります。効率よく表面の汚れを落とすために細かく振動させるように歯を磨いていきます。

特にまだ歯磨きになれていない子供は長時間の歯磨きにストレスを感じ、嫌がってしまうことがよくあります。家族も一緒に歯磨きをしたり、好きな音楽を流したり、優しく話しかけるなどして、子供がリラックスして歯磨きをできるようにしましょう。

また子供がリラックスして歯磨きを受けられる姿勢を取りましょう。小さなお子さんは抱っこや寝かせた姿勢、3歳以上になれば座った姿勢でもリラックスして歯磨きを受けられる子供も多いでしょう。

仕上げ磨きに効果を発揮する電動歯ブラシ

効率的に、また丁寧な歯磨きができる電動歯ブラシは仕上げ磨きにも効果を発揮します。時間をかけすぎてしまうこともなく、子供の負担を軽くすることができます。

効果的な電動歯ブラシですが、子供の歯磨きで注意すべき点は同じです。正しい使い方をよく理解して、効果的に使うようにしましょう。

電動歯ブラシには様々な種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、ご自身の使いやすく、お子さんにあったものを選ぶと良いでしょう。ブラウンオーラルB 電動歯ブラシを使って行う手順は次の通りです。

  1. スイッチは口に入れてから。

    磨く歯にあててからスイッチを入れてください。

  2. 歯に強くあてない

    強めのアプローチをすると、歯や歯ぐきを痛める原因になりかねません。軽くあてるイメージで磨いていきます。

  3. 歯にあてる角度を調節する

    磨く場所によって角度を変えます。歯に対しては90度、歯槽膿漏予防には45度に傾けると、歯と歯ぐきの境目にフィットします。

  4. ゆっくりスライドさせる

    超音波タイプは、通常の歯ブラシのような動かし方で磨きます。そのほかの歯ブラシは電動歯ブラシ自体が動いているので、横にスライドさせるだけで磨けます。

以上、4点に注意して効果的な仕上げ磨きをおこないましょう。

ブラウンオーラルBの電動歯ブラシの優れた特徴

歯科器具発想の丸形ブラシヘッド:

歯科クリーニング器具から着想を得た丸形ブラシが、一本一本の歯を包み込み歯間の奥まできれいにします。

優れたブラッシング技術:

ブラウンオーラルB 電動歯ブラシは、上下振動と左右回転運動で、歯垢をたたいてかき出します。実際、手磨きブラシでのブラシの運動数は、毎分300~600回の振動であるのに比べ、ブラウンオーラルB 電動歯ブラシは、毎分48,000回振動。臨床試験でも実証された、電動歯ブラシの優れたブラッシング技術で、手磨きブラシより歯垢を2倍除去することができるのです。

2分間タイマー:

ブラウンオーラルB 電動歯ブラシは、タイマーをハンドルに内蔵※ 。歯科医師推奨の2分間のブラッシングをガイドしてくれるから、お口のすみずみまでキレイにできます。

ブラッシングモード:

ブラウンオーラルB 電動歯ブラシは、様々なブラッシングモード搭載。あなたの歯磨き習慣やオーラルケアの目標に合わせたブラッシングをカスタムできます。いろいろなブラッシングモードを試して、あなたに一番合ったブラッシングを見つけてください。

※すみずみクリーンシリーズは、タイマー機能非搭載。