はみがきスイッチとは

毎日の歯磨きで落とす歯垢には、つまようじの先くらいのサイズにも何十億個もの細菌が含まれています。この細菌が、全身の健康にも影響を与えることが分かっています。だから、お口の健康は全身の健康の入り口です。
「はみがきスイッチ」は、私たちの1番身近な「歯磨き」を見直し、健康的なオーラルケア習慣を得るための活動です。

Plaque buildup can cause cavities
数百万から数億規模の菌を含む歯垢は、蓄積することで、歯ぐきの炎症だけでなく、全身に影響を及ぼすことがあります。
Plaque buildup around the gumline
歯ぐきのキワにたまった歯垢は、口の中でPジンジバリスという細菌を繁殖させます。
hese bacteria create toxins that can lead to inflammation
これらの細菌は、炎症を引き起こし、毒素を生み出し、全身へと行き渡っていく脅威となります。

最も身近で簡単な健康管理は、毎日のオーラルケア習慣から!

歯垢に含まれる無数の細菌の中には、歯ぐきの炎症などのトラブルを引き起こす菌が潜んでいます。この歯周病菌は、全身の健康に影響を与えることが分かっています。歯ぐきの炎症によって引き起こされる歯周炎は、感染症のひとつです。お口の健康と全身の健康には、強いつながりがあることが科学的に証明されています。

全身の健康とオーラルケアがどのように関わっているのか体験してみよう!
体験コンテンツは近日公開予定です。

全身の健康とオーラルケアがどのように関わっているのか体験してみよう!
体験コンテンツは近日公開予定です。

糖尿病とオーラルケアの関係

歯周炎と糖尿病の関係は、様々な専門家によって指摘されています。主に血糖値などの管理だけでなく、お口の衛生も健康管理の一環として重要視されています。

心臓とオーラルケアの関係

歯周病は、心血管疾患のリスクを高めることが分かっています。歯垢(プラーク)に含まれる細菌は、動脈プラークにも関係するのです。

Oral Health and Pregnancy

妊娠とオーラルケアの関係

妊娠中、女性は自分と赤ちゃんの健康にいつも以上に気を遣います。つわりのケア、栄養バランス、食事の見直しなど、いつも以上に気をつけなければならないことが増えてきます。
中でも忘れがちなのは、オーラルケアです。実は妊娠中は、ホルモンバランスの影響で、歯ぐきがトラブルを起こしやすくなります。歯周病に発展しないように、いつも以上にオーラルケアの質をあげる必要があります。

Oral Health and Brain Health  Mobile

脳とオーラルケアの関係

アルツハイマー認知症は、世界中で3,560万人以上がかかっており、その数は20年ごとに2倍になり、2050年1月までには1億1,500万人を超えると予測されています。
驚くべきことに、歯周病は認知機能にも影響を与えるリスクが指摘されています。超高齢化社会を迎え、お口の健康を保つことは、歯を維持するという目的以上に、健康に対する意味を持っています。