歯ぐきの健康

歯周病は体の病気の原因にもなるのか?

共有

歯周病の細菌や炎症が体にも影響し、妊娠・出産や呼吸器感染症、糖尿病、関節リウマチなどにも関係すると言われています。

最近、注目されているのが歯周病と全身の病気との関係です。以前は歯周病は口の中だけのトラブルと考えられていましたが、研究が進み、歯周病の原因菌が体のさまざまな部分に悪影響を及ぼしていることが分かってきたのです。菌そのものの繁殖が影響することもあれば、炎症がつねに起きている状態が影響している場合もあります。

病気1:早産や未熟児の出産 歯周病の原因菌が全身の感染症を引き起こし、それが妊娠にも影響し、早産や未熟児出産の原因になると考えられています。

病気2:呼吸器感染症 歯周病の原因菌が唾液と一緒に誤飲され、気管支や肺にまで入り込み、肺炎などの炎症を起こすことがあります。とくにオーラルケアが行き届きにくくなる高齢者などに起こりやすい病気です。

病気3:糖尿病 歯周病があると、歯茎の隙間で歯周病の原因菌が作り出す毒素が肝臓でのエネルギー消費を邪魔して、肥満の要因になります。また、糖尿病になると歯周病が悪化し、その悪化が糖尿病の症状にも影響するという悪循環に陥ってしまいます

病気4:脳血管疾患・心臓疾患 歯周病による炎症が続く状態は、脳や心臓の血管に悪影響を与えます。また、歯周病の原因菌が血管に入り込むと、動脈硬化を引き起こすとも考えられています。

病気5:関節炎・腎炎 歯周病があるとつねに体は炎症を起こした状態になります。その炎症により生じた毒素が関節炎や腎炎の要因になることがあります。

病気6:骨粗しょう症 歯周病の原因菌が血液に入り込むと、全身の骨にも影響し、ボロボロの状態に弱くしてしまいます。

病気7:皮膚疾患 口の中の細菌が作るたんぱく質が皮膚炎を起こすことが分かってきました。