歯ぐきの健康

もしかして歯肉炎?症状のチェックポイント

共有

症状のチェックポイント

歯肉炎の症状とチェックポイント

以下のような症状が歯肉炎かどうかを見分けるためのチェックポイントとなります。

  • 歯ぐきが赤くなる

  • 歯ぐきが腫れる

  • 歯ぐきから血が出る

  • 口臭がする

歯肉炎が歯周炎へと進行すると、歯ぐきと歯の間に隙間ができ、小さなポケットができます。細菌はこうしたポケットに入り込み、歯を支える骨をもろくします。こうした歯肉炎の徴候に気づかなかったり、歯医者さんで治療を受けるか悩んでいる間に、症状はますます悪化します。これらの徴候と症状のいずれかが見られたら、すぐに歯医者さんを受診し、適切な治療を受けてください。それでも症状が続く場合は、歯医者さんに相談して最適な治療方法を決める必要があります。

歯肉炎の治療とその予防

ここでは、歯肉炎の治療と予防の方法、役立つヒントを紹介します。

  1. ブラウンオーラルB 電動歯ブラシで1日2回ブラッシングをして、歯から歯垢の細菌を除去しましょう。

  2. 歯垢の細菌が与える歯へのダメージを防ぎ、歯を強化する、フッ素配合の歯肉炎予防の歯磨き粉や歯垢を落とす歯磨き粉を使用してください。

  3. ブラッシング後は抗菌マウスウォッシュでしっかりと口をゆすぎ、歯垢、歯肉炎、口臭を防ぎ、歯垢の細菌が潜みやすいところもケアしましょう。

  4. フロスを1日1回以上して、歯の間から食べかすや歯垢を除去しましょう。

  5. しばらくの間は歯ぐきから血が出るかもしれませんが、ブラッシングとフロスを続けてください。歯ぐきの健康を取り戻すには、歯垢を除去することが大切です。

  6. 忘れずに歯医者さんで定期検診を受け、心配や疑問について相談してみましょう。

歯肉炎のない健康なお口は、良いブラッシング習慣から始まります。オーラルケア製品をリードする、ブラウンオーラルB 電動歯ブラシにお任せください。

歯肉炎についての疑問

Q:歯肉炎にはどのような人がなりやすいのですか?

A:歯肉炎はごく一般的な病気です。成人のほぼ80%に歯肉炎の症状が見られますが、予防できないことはありません。はっきりとわかる痛みや症状がない場合もあり、多くの人が歯肉炎になっていても気づかないまま過ごしています。そのため、歯医者さんで半年ごとに定期検診を受け、歯肉炎を発見してもらい、治療方法を提案してもらうことをお勧めします。

Q:歯肉炎は治りますか?

A:歯肉炎の診断を受けたら、すぐに治療を開始することが大切です。歯肉炎は治ります。症状の最初の徴候が見られたら、歯医者さんを受診し、適切な治療を受けましょう。