歯ぐきの健康

歯槽膿漏の効果的な予防・防止対策

共有

歯槽膿漏の治療と予防

歯周病を予防するのも、歯肉炎を進行させるのも、簡単です。予防をしっかりすることが歯周病治療の最善策につながります。

お口の問題が深刻になる前に対処するためには、日常のお口のケアの一環としてお口の中を毎日チェックする習慣を身につけましょう。歯、歯ぐき、舌、歯肉組織の色や様子の変化を観察してください。正しいプラークコントロールを行うことで、歯周病は簡単に予防できます。

まずは、歯を1日2回ブラッシングし、すくなくとも1回以上フロスするようにしてください。ブラッシング後に抗菌作用のあるマウスウォッシュで口をすすぐと、歯ブラシが届きにくいところの歯垢も除去できます。歯ぐきの周りにポケットができている場合は、ポケットの中に残っている細菌や食べかすを除去し、歯ぐきを引き締めることができます。また、半年に一度は歯医者さんで歯のクリーニングを行うことをお勧めします。

歯周病が進行し、治療が必要な場合はどうなるでしょうか?

その場合は、歯医者さんから歯ぐきの健康を守る歯磨き粉を紹介されるでしょう。ブラウンオーラルB 電動歯ブラシはプラークコントロールにも役立ちます。まだ症状が深刻でなければ、このような処置だけで済みます(適切なプラークコントロールを行っている場合)。

しかし、歯周ポケットが大きくなりすぎ、自然に通常の状態に戻りそうになければ、歯肉組織を引き締めるための口腔手術が必要になります。深刻な歯周病の治療では、スケーリングとルートプレーニングと呼ばれる強度な洗浄処置を行います。この処置では、歯科衛生士さんまたは歯医者さんが歯肉線まわりの歯石を除去し、歯垢の原因となる細菌が集積しやすい歯根の起伏を滑らかにします。

ブラウンオーラルB 電動歯ブラシで、効果的な歯槽膿漏対策を心がけ、さらに、歯医者さんで定期検診を受けることで、こうした治療を受けなくても済むようになります。