歯ぐきの健康

歯周病の進行段階

共有

歯ぐきの症状に悩みがあるということは、お口の衛生状態が良くないということを示しています。歯垢(プラーク)を除去しないと、お口をリスクにさらしてしまいます。

歯周病の初期段階では、知覚過敏や、歯磨きやフロス時の出血が見られます。喫煙や特定の医薬品は歯ぐきトラブルの発生リスクを高めます。35歳以上の成人の4人に3人が、何らか歯ぐきの問題を抱えている、もしくは過去に抱えていました。幸いなことに、歯茎の炎症を初期段階で発見すれば、お口のケアをきちんと行ったり、歯科医に定期的に通うことで治すことができます。しかし、炎症をそのまま放置しておけば、症状がとても重くなり、歯ぐきだけでなく、歯の周りの骨組織にも影響を及ぼします。