歯の着色

歯の黄ばみの原因

共有

口腔衛生は、歯の美しさに直結しています。歯磨きが不規則になると、それが歯の黄ばみの原因になります。

一般的に、色素沈着には2種類あります。固有(深部)の原因と、外因性(表面)の原因です。固有の汚れは歯の内部にあります。特定の薬などがその原因です。その汚れは徐々に濃くなり、年配の人によく見られます。また、喫煙やコーヒー、お茶の摂取は歯の黄ばみの原因になります。

ピロリン酸塩を含む歯磨き粉は黄ばみを予防します。ピロリン酸塩は、歯石が歯に堆積するのを防ぎます。歯石を取るのは歯科医の仕事です。歯科医はプロの技で簡単に歯石を取り除きます。歯の白さを保つには、口腔衛生に気を付けることを習慣づけなければなりません。歯石のそもそもの原因は歯垢(プラーク)がたまることで、歯磨きをしてそれを取り除くことが、歯を白く保つ最初のステップなのです。歯垢(プラーク)を取り除き、歯の黄ばみを取り除くためには、振動回転技術を取り入れた電動歯ブラシは極めて効果的なツールです。この技術によって、電動歯ブラシは手で磨くよりもずっと歯垢(プラーク)を落とすことができるのです。

電動歯ブラシのヘッドには様々な種類がありますが、その中には歯につやを出して表面の黄ばみを取り除くものもあります。