歯の着色

歯の黄ばみを科学する

共有

歯の黄ばみは、食べ物や飲み物、口の中の清潔さ、薬の使用など、多くの原因が考えられます。

歯の色素沈着は、歯の表面(付帯的黄ばみ)、またはエナメル質の下(内在する黄ばみ)で起こります。また両方で黄ばみが進行する人もいます。

歯の黄ばみを評価する方法 歯の色は主観的なものです。よって、黄ばみを除去、または減少させるために、ホワイトニング製品がどの程度効果があるかを判断するのはとても難しいことです。歯科ジャーナルの2004年の研究でわかったことは、同じ歯を診断しても、専門家でさえ歯の色についての意見が一致しなかったり、一人が同じ歯を異なる状況下で見た場合には、白さのランク付けが異なってしまうということです。 (2) ホワイトニング製品の効果を評価するひとつの方法は、歯の高解像度のデジタル画像を用い、3種類のホワイトニング効果(黄色みの減少、赤みの減少、明るさの増大)を表現する数値を割り当てる方法です。

歯の黄ばみにはどんな要素が関係するのですか? 歯の色や黄ばみは、エナメル質の透明性を含むいくつかの生物学的要素が集まってできたものです。エナメル質の外側の層は年齢とともに薄くなるので、エナメル質の変化で歯の光散乱特性を作るとともに、象牙質(エナメル質よりも黄色い)を見えやすくします。