歯の着色

コーヒーで着色した歯を治しましょう

共有

朝のコーヒーは目を覚ましてくれますが、歯を白くはしてくれません。コーヒーによる歯の黄ばみは長い時間をかけて起こり、あなた自身もそれを自覚しているでしょう。

コーヒーが染みついた歯と一緒に生きていく必要はありません。

なぜコーヒーが歯に染みつくのでしょうか? コーヒーによる歯の黄ばみは、コーヒーの中のタンニンがエナメル質上に堆積して起こります。口の中を常に清潔にしておくことでその黄ばみをなくすことができますが、いつも十分とは限りません。歯の表面の黄ばみを、汚れがついてから14日間、90%まで取り除くことができるホワイトニング歯磨き粉もあります。

また、朝のコーヒーを飲んだあと、すぐ使えるように歯ブラシと歯磨き粉を準備しておきましょう。面倒ですって?コーヒーを飲んだ後、水で口をゆすぐだけでも、白い歯を保つための助けになりますよ。