歯垢の蓄積と歯石

歯ぐきトラブルの予防: どのように歯ぐきのトラブルを予防するか

共有

歯茎のトラブルは初期段階で発見できれば、比較的簡単に治すことができます。まずは、歯医者さんで歯科クリーニングをうけ、歯石や歯垢(プラーク)を除去することから始めましょう。

全ては、歯医者さんで歯科検診をうけ、歯石と歯垢(プラーク)除去の専門クリーニングを受けることから始まります。歯石は、歯の表面に形成され、長年蓄積された歯垢(プラーク)が固まった物質です。

歯石除去と呼ばれるこの専門クリーニングは、あまり快適なものではないかもしれません。心配や不安がある場合は、歯科医師やクリーニングを行う歯科助手に相談してみましょう。ストレスを軽減するアドバイスをもらえるかもしれません。

歯垢(プラーク)や歯石除去の専門クリーニングを歯科医で行った後は、数日間、知覚過敏のような症状が現れることがありますが、すぐに症状は治まります。歯垢(プラーク)を除去して歯茎トラブルの再発を予防する為に、1日2回のブラッシングと毎日のフロスケアを習慣付けましょう。歯医者に、歯茎の状態が良くなるまでは、より頻繁にブラッシングすること(毎食後、軽食の後等)を勧めるかもしれません。また、歯垢(プラーク)が形成されるのを予防する為にマウスウオッシュの使用を勧めることもあるでしょう。

更に、歯並びが悪い場合や、クラウンやブリッジなどがあり、それがきちんと装着できていない場合にも歯茎のトラブルは発生しやすくなります。そのような場合も、歯医者さんに相談しましょう。