歯垢の蓄積と歯石

歯ぐきのトラブル-歯の組織への影響

共有

歯茎のトラブルが、どのように歯の組織に影響を与えるかを知ると、正しいオーラルケアが、いかに歯垢(プラーク)を落として歯茎のトラブルを発生する前に予防できるのか、より深く理解できます。

歯ぐきのトラブルがいかに歯の組織に影響を与えるかを知ると、オーラルアについてより深く理解できます。歯垢(プラーク)を除去することで、歯ぐきのトラブルを発生する前に予防することができます。

健康的な歯の図を見ると、歯ぐき(または歯肉)と、以下のような歯の主要な部分で構成されています。

歯根: 歯の下部にある歯根は、先が枝分かれして歯茎や顎部にのびています。歯ぐきのトラブルが進行すると、最悪の場合、感染した歯ぐきの中で歯根がぐらつき始め、歯が抜けてしまう場合もあります。

歯髄: 歯髄は、神経が集まっている歯の中心部です。歯ぐきの問題が発生した場合、歯髄は直接的には影響を受けませんが、歯ぐきの痛みが、歯の中の神経に伝わることもあります。

歯冠: 歯冠は、通常私たちが目にし、ブラッシングをしている歯の上部を指します。歯冠はエナメル質で覆われており、歯ぐきから上に出ている部分を保護しています。しかし、歯ぐきとのキワの部分は、一番歯垢(プラーク)が溜まりやすい場所でもあります。それゆえ、毎日フロスすることは、健康的な歯ぐきを保つ為にとても重要なのです。フロスは、歯垢(プラーク)の原因となるバクテリアが蓄積される前に除去してくれます。