虫歯

親知らずが虫歯になりやすいのはなぜ?

共有

親知らずと虫歯の関係

そもそも親知らずってなに?

奥歯の中でも最も奥に生えてくる「親知らず」。ほかの永久歯が15歳前後で生えそろうのに対し、10代後半から20代前半にかけて生えてくる歯で、乳児の歯の生え始めとは違い、親に知られず生えてくることがその名前の由来だとされています。乳歯と入れ替えで生えてくるわけではなく、人によっては下だけ、もしくは上だけしか生えなかったという方もいます

親知らずは虫歯になりやすい!その理由とは。

親知らずは、ほかの歯と比べると虫歯になりやすい歯でもあります。親知らずの生え方や、口の一番奥に位置している、というのが主な原因です。 普通の歯は歯ぐきからまっすぐに生えるのですが、顎が小さく、親知らずが生えるスペースが十分にないと、親知らずは斜めに生えてきたり、横に向かって生えたりすることがあり、場合によっては、埋伏(まいふく)したまま、歯が歯ぐきから一部しかでてこない場合もあります。

まっすぐに生えずに、斜めに生えてきた親知らずがその手前にある第二大臼歯(だいきゅうし)にぶつかると、親知らずと第二大臼歯(だいきゅうし)に余計なすき間が生まれます。このすき間には物が詰まったり、汚れがたまりやすくなるため、虫歯を発生させる要因となってしまいます。

また、部分的にしか表面に親知らずが出てこない場合、歯肉部分が炎症をおこしやすくなってしまいます。これを智歯周囲炎(ちししゅういえん)と言います。20歳前後の人に多くみられる疾患で、あごなどの周囲に炎症が広がると、顔がはれてしまったり、口を開けるのが難しくなる場合があります。薬を併用した治療が必要になります。

位置的な問題では、他の歯に比べて口の一番奥はブラッシングがしにくく、特に親知らずの裏側となると、かなり丁寧なブラッシングでないと汚れを取りのぞくことができません。

奥まったところにあるため、虫歯にも気づきにくく、気づいたときには隣の第二大臼歯(だいきゅうし)にも虫歯ができていた、ということもあります。 まずは虫歯を予防するための丁寧なブラッシングを心掛けるようにしてください。

親知らずが生えてこない人も要チェック!

親知らずがまったく生えてこない、という方もいらっしゃいます。歯ぐきの表層に出てこない親知らずでも、向きなどにより、第二大臼歯(だいきゅうし)にプレッシャーを与え、悪影響を及ぼす場合もあります。ほかの歯への影響を考えた場合、抜歯も選択肢の一つとなりますが、これには痛みや腫れを伴う場合があります。まずは親知らずの状態を歯医者さんで確認してみることおすすめします。

すでに生えてきている親知らずであれば、抜歯せずとも、歯医者さんに丁寧なクリーニングを行ってもらうことで、虫歯のリスクを下げることもできます。

親知らずがない方もいるため、不要な歯と思われてしまうこともありますが、正常に生えている親知らずは、手前の歯が悪くなってしまったり、ダメになってしまった際のブリッジの土台になることもあります。必ずしも不要となる歯ではないので、虫歯になった際にも、どのような治療をすべきか、歯医者さんとよく相談して決めるようにしましょう。