虫歯

虫歯にもできる?ホワイトニングの疑問解決

共有

ホワイトニングに関する様々な疑問

歯のホワイトニングのしくみ

歯のホワイトニングは2つの方法で行われます。まず歯の外層とエナメル質の表面の着色を取り、今後の予防を行います。汚れの除去、着色の漂白、着色の予防という手順で行います。

歯の着色をとるには

歯の外層の着色をとる際は、研磨などの物理的な処置と、化学薬品による着色の分解などの化学的な処置の両方を行います。こうした処置でエナメル質を覆っている着色が破壊、分解され、明るく白い歯が出てきます。

エナメル質に蓄積した頑固な着色を除去するには、表面を漂白する必要があります。漂白とは、着色の分子を酸化させることで脱色する化学的な処理です。ホワイトニングの方法は過酸化水素の濃度や漂白剤によってさまざまで、どのくらい白い歯にしたいか調整できます

虫歯にもできる?

歯のエナメル質にアプローチするホワイトニング。しかし、もし、あなたの歯の一部に虫歯があった場合、ホワイトニングはできるのでしょうか?歯医者さんでのホワイトニングは、担当の歯科医の判断によりますが、基本的には治療の後に施術することになります。

虫歯治療を後にすると、補綴物の色とホワイトニングの色が変わってきてしまいます。ホワイトニングの薬剤は天然歯にのみ有効なので、人工のものには効果がなく、ホワイトニング後の色に合わせた補綴物が必要なのです。また、ホワイトニングの施術が数回にわたるので、その間に虫歯が進行する可能性もあります。

ホワイトニングの効果を最大限に得るためにも、虫歯の治療をしてからホワイトニングを行うようにしましょう。

歯の着色の原因

歯の着色はさまざまな原因で起こります。美しく明るい笑顔を保つために、着色の原因となる食べ物や行動はなるべく避けるようにしましょう。特定の食べ物や飲み物、タバコ、お口のケア不足、特定の病気などが影響します。

着色の原因となるものを摂取したときは、すぐにブラッシングしましょう。

歯を白くするには

歯のホワイトニングには、歯医者さんによるトリートメントから自宅で行うものまで、さまざまな方法があります。

ホームホワイトニング 歯医者さんに自分の歯の形にあった専用のマウスピースを作ってもらい、自宅で行うホワイトニングをホームホワイトニングと言います。

マウスピースに歯を白くするための専用の薬剤を入れて、装着をします。効果を実感できるようになるまで少し時間がかかります。かかる費用は、薬剤を使うほどに増えるため、どれくらいの期間ホワイトニングを行うかによって異なります。

自宅でホワイトニングをする場合は、自己流で行うリスクを理解しておくことが大切です。自宅で行う自己流の処置でよく起こるのは、歯のエナメル質を傷めてしまうことです。イチゴやオレンジピールなどの自然食品を使ったり、重曹を使用したりすると、歯ぐきがひりひりしたり、歯のエナメル質が弱くなったりするおそれがあります。歯をホワイトニングするには、健康を損なうことのないように注意が必要です。

オフィスホワイトニング 歯医者さんで施術してもらうホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。

ホワイトニングの前の診察や、クリーニングなどが費用に含まれます。一般的にホームホワイトニングで使われるよりも効果の高い薬液を使うことが多く、時にはライトやレーザーで薬剤をより効果的に使います。即効性が高く、イベントなどの前に歯を白くしたい方におすすめの方法です。

歯の着色に関する疑問

Q:歯医者さんで行うホワイトニングに効果はありますか? A:歯医者さんで行うホワイトニングの処置は安全だと見なされていますが、歯や歯ぐきが多少過敏になるかもしれません。通常ホワイトニング処置が終われば症状は消えます。

Q:歯医者さんで行うホワイトニングの費用はどのくらいですか? A:歯医者さんでホワイトニングを行う場合、歯に直接ホワイトニング処置を施します。場合によっては、処置を早めるためにレーザー等の特殊な装置を使うこともあります。1回のトリートメントである程度の効果が期待できますが、望ましい効果を得るためにはトリートメントを複数回行うことをお勧めします。歯医者さんで行うブリーチングトリートメントの所要時間は通常30~60分です。 費用は15,000円~50,000円程度ですが、施術回数や薬剤の種類、事前の検査などにより価格が変わるので、まずは歯医者さんに相談することをお勧めします。

Q:歯のホワイトニング効果はどのくらい持続しますか? A:効果はどのくらい続くか、それはお口のケアの習慣次第です。喫煙する方や、コーヒーや紅茶をよく飲む方は、数年後に再度処置を受ける必要があるかもしれません。