虫歯

虫歯予防のために

共有

世界で最も一般的なオーラルケアの問題のひとつが、虫歯です。

虫歯って何? 虫歯とは、歯の成分が溶け出したした結果(脱灰-だっかい)です。象牙質が露出した場合、歯根に虫歯が生じます。歯のかみ合わせ面、歯間のすき間、および歯根に近い表面は、最も虫歯になりやすい場所です。密閉された場所で、歯垢(プラーク)が蓄積する場合、歯間にすき間が生じます。歯ブラシがそれらに到達するのは難しいですが、これを防ぐために、デンタルフロスまたはその他の専門的な機器を日常的に使用して、、歯と歯のすき間を磨くことが推奨されます。

虫歯の予防 虫歯を予防するには、手磨きまたは電動歯ブラシ、およびフッ素入り歯磨き粉を使用して、少なくとも一日に2回歯ブラシをすることが必要です。歯科医師が推奨するように、高品質の歯磨き粉を使用し、定期的に歯ブラシを交換することを忘れないでください。

フッ素の供給源 フッ素と歯の適切に接触させ、かつ、歯のより弱い部分、および根の露出した部分を強化するために、高品質の歯ブラシを使用するのがよいでしょう。歯科医は、どの歯ブラシが合っているかアドバイスしてくれます。届きにくい場所にある歯垢(プラーク)を除去するためには、デンタルフロスを使用してください。 ブラウンオーラルBは、様々な種類の電動歯ブラシを提供しています。詳しくは、製品一覧ページでご覧いただけます。