虫歯

前歯にできる虫歯の原因と予防方法

共有

実は、虫歯になりやすい前歯

前歯は虫歯になりやすい?その原因とは。

虫歯の原因が、口の中の虫歯菌のしわざであることは、多くの方が認識していることと思います。しかし、同じ口の中でも虫歯のできやすいところと、できにくいところがあることをご存じでしょうか。

虫歯のできやすいところワースト3は、「歯と歯の間」、「歯と歯ぐきの境目」、「噛み合わせ面の溝」です。たしかに、どれも食べかすや汚れが溜まりやすく、歯垢もつきやすい場所です。キレイに磨けていないと虫歯菌の住み家になりそうです。

しかし、その3箇所だけではなく、意外な場所も虫歯菌に好まれています。実は、上の前歯は虫歯のできやすいところなのです。一見すると、口の中にしては乾燥していて虫歯菌の繁殖が少なさそうです。食べかすも溜まらず歯垢とも無縁のようです。では、いったいなぜ上の前歯が虫歯になりやすいのでしょうか。

その原因は虫歯菌と唾液の関係にあります。唾液は消化を助ける働きが有名ですが、ほかにも有効な働きが沢山あります。そのなかの「再石灰化作用(虫歯を防ぐ働き)」や「緩衝作用(口の中を中和する働き)」、この2つの働きによって虫歯を防ぐことができるのです。ここで言う「緩衝作用」とは、虫歯菌の影響で酸性に傾いている口の中を中和する作用を表しています。つまり、もともと唾液の量が少ない体質の人は、それだけ虫歯菌が繁殖しやすく虫歯になりやすいといえます。上の前歯は、この唾液が特に届きにくいため、虫歯に対する有益な効果を得られないのです。

歯磨き以外の虫歯ケア

日々のブラッシングや、フロス、フッ素などを使ったケアをおこなうことにより虫歯菌の繁殖を抑えられます。その結果、虫歯を防ぐことができます。

しかし、ここでは唾液の分泌を促すことによって虫歯を予防する方法を押さえておくことにしましょう。方法は大きく3つあります。

まず、ひとつめは「水分補給」です。身体の中の水分が少なくなると唾液の分泌量も少なくなります。こまめな水分補給で口の中の乾燥を防ぎましょう。しかし、カフェインの入った飲み物は唾液の分泌を抑える働きがあり、利用作用をもたらす効果もあります。唾液のためには控える方が無難です。

続いて2つめは、「唾液腺の刺激」です。唾液腺は耳下、顎下、舌下の3箇所にあります。これらを刺激して唾液の分泌量をアップさせることができます。具体的には、噛む動作で促すことができます。よく噛んで食事をとることは胃腸のためだけではなく虫歯予防にもつながるのです。食事以外にはガムを噛むことも効果的です。ガムは、シュガーレスやキシリトール入りをおすすめします。噛むこと以外には、舌を口腔内で動かす、耳の下や顎の下を指でクルクルとマッサージすることも効果的です。マッサージは痛みをともなわない範囲でおこなってください。

最後の3つめは「リラックス」です。ストレスを感じると副交感神経の働きが抑えられて唾液の分泌量が減ってしまいます。疲れが溜まっていると感じた場合はリラックスする時間を設けるようにしてください。

このように虫歯と唾液には密接な関係があります。唾液不足で虫歯にならないように普段から気をつけることが大切です。