知覚過敏

知覚過敏の症状

共有

最近では、成人の4人に1人が知覚過敏に悩んでいるとも言われます。知覚過敏は、時間の経過と共に現れたり消えたりする症状です。

まずは、知覚過敏の見分け方を知ることからはじめましょう。知覚過敏の主な症状は、冷たい空気を吸い込んだり、歯を磨いたとき、熱いものや冷たいもの、酸っぱい飲食物を摂ったときに、痛んだりするなどの不快な感じがします。その際歯の根元あたりに鋭い痛みを感じるなら、おそらくそれは知覚過敏です。そんな症状によく気を付けましょう。

タイムリーに診断し、適切な処置をとれば、口の中のトラブルや、もっと深刻な問題も減らすことができるからです。適切にケアすれば、知覚過敏の症状は改善していきます。大好きな食べ物や飲み物を前にして、眉をしかめずに笑顔でいられるように適切な予防とケアを心がけましょう。