知覚過敏

知覚過敏の予防

共有

熱いものや冷たいもの、酸の刺激は知覚過敏の原因ではないものの、痛みを誘発することがあります。歯ぐきの後退が知覚過敏の真の原因で、最終的には歯根の露出やエナメル質の浸食につながり、その結果エナメル質が露出するのです。

ブラウンオーラルBの電動歯ブラシを使えば、ブラッシングの強さをコントロールすることができます。強すぎる圧力がかかったときに、動きを止めるように警告を促すランプがついているのです。電動歯ブラシは歯と歯茎に優しく、同時に歯垢(プラーク)を効果的に取り除きます。3D丸型回転技術を使った電動歯ブラシは、手磨きよりも歯垢(プラーク)を落とせるということが証明されています。

毎日、習慣的に口の中を衛生的に保つことは、知覚過敏を予防するためにとても重要です。少なくとも1日に2回、2分間ずつ、柔らかくて繊維な質の良い歯ブラシと、フッ素配合の歯磨き粉、または知覚過敏専用の歯磨き粉を使って磨きましょう。かかりつけの歯医者さんに、歯茎を傷めないような歯磨きの方法を教えてもらいましょう。